sponserdlink

 

病院薬剤師で「当直なし」の条件で転職先を探す前に、まず「何故当直が必要なのか?」ということを考えてみましょう。

 

24時間患者のいる病院、つまり入院患者のいる病院勤務の薬剤師は、「夜勤」「当直」「オンコール」といった勤務形態となり、病院の規模が大きいほど科も多様化し、求められる業務レベルも高くなります。

病院薬剤師の「当直なし」と「夜勤なし」の違い

 

夜勤と当直はよく混同されがちですが、日勤と同様に業務を行い働きっぱなしの夜勤と比べて、当直は待機状態が基本となり、患者さんの容態の急変等、必要に応じて対応することになりますから、当直は病院の忙しさによりその仕事量が大きく変わってきます。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%82%e3%82%8b

 

「当直なし」の魅力とは?

 

当直はパートタイムでは時給も高く、正社員でも手当が付くことから、当直を多くこなした方が給与は高くなります。

 

ですが、忙しい病院の当直での負担は大きく、体力・気力共に自信があればよいのですが、先々のことを考えると無茶をするのは考えものです。

 

病院によってはほとんど動くことがなく待機状態のまま勤務が終わるということもありますが、不規則な生活には大きなリスクが伴うということを忘れてはいけません。

 

このような理由から当直なしはキーワードとして非常に魅力的であることがわかります。

 

当直なしの病院薬剤師求人の探し方

 

勿論、「当直なし」と打ち込んで検索するのが最も手っ取り早い方法なのですが、コレ意外にも、日勤の希望のみであれば、逆に夜勤のみの薬剤師求人を探すという方法もあります。

 

夜勤のみの薬剤師求人を出している職場であれば、日勤と夜勤のシフト制になっている可能性が高く、当直なしの職場である可能性は高いでしょう。

 



sponserdlink