sponserdlink

 

病院薬剤師の「注射剤」の業務内容について

病院薬剤師の業務内容の中でも特徴的なものとして

注射剤調剤」があります。

 

入院患者に用いられる注射剤は

医師の処方に基づき、薬剤師の管理のもと、

患者さん個人に払い出します。

 

薬剤師 チーム医療 医師

 

注射剤の調剤において病院薬剤師に求められるもの

注射剤の調剤にあたり、病院薬剤師は

単に医師の処方通りに働くのではなく、

処方箋の内容をチェックして診断された疾患・症状に対し、

投与量や投与方法、

適応症や、用法・用量が適切であるかどうか等の

ダブルチェックを行います。

 

2種類以上の注射剤を混合するケースでは、

混合に問題がないか、

相互作用に問題はないかといった点をチェックします。

 

 

近年では注射薬自動払出装置(ピッキングマシーン)を

導入している病院も増加し、

注射薬調剤を自動化することで業務の効率を高め、

安全性の向上が見込まれます。

 

ピッキングマシーンを用いることで

薬剤師の担う役割が減ったようにイメージするかもしれませんが、

目まぐるしく進歩を続ける抗がん剤を用いる治療等においては、

治療方法が技術的・薬品的に問題ないか、

試用期間や投与量は問題ないか等のチェックを行えるのは薬剤師だけです。

 

 

「注射剤」の調剤で活躍する病院薬剤師

注射剤調剤の仕事は

決してルーチンワークになることはありません。

 

患者の治療が進展する中、症状は必ず変化します。

これに伴い、注射剤の追加・変更が起こります。

 

 

注射剤の変化に対応する為、

病院では移動式カートに搭載した注射薬が用いられています。

 

カート内の薬剤の管理も薬剤師の大切な業務の一つです。

 

用いられた薬剤が不足すれば補充を行い、

毎日使用期限をチェックします。

 

さらに、病棟や外来用ナースステーション、

検査室等にある薬剤などは、使用期限等が問題ないか

薬剤師が常にチェックし、

また、温湿度管理等の状況も把握し、

薬剤管理が適切に行われるよう監視する役割も持ちます。

 

注射剤は直接患者の体内に投与される性質上、

誤ったものが投与された場合の副作用の重篤さは

薬剤師であれば十二分に理解していることでしょう。

 

そのようなリスクを予防する為に、

医師と患者の間に立ち、

薬剤を管理するのが病院薬剤師なのです。

 



sponserdlink