sponserdlink

「臨床薬剤師」の歩み 現代の臨床薬剤師は…

臨床薬剤師とは、

アメリカの言葉である「Clinical Pharmacist」を日本語訳したものです。

 

今回は「臨床薬剤師」の仕事について、その歴史と、

今の臨床薬剤師の実際の仕事内容についてご紹介します。

 

薬剤師 悩み ストレス 転職 辞めたい 人間関係

 

臨床薬剤師の歩み

1974年の医薬分業以降、

臨床薬剤師の歴史ははじまります。

 

1980年頃になると、大手総合病院や診療所を中心に、

その門前に調剤薬局が建てられるようになりました。

 

1995年以降は10年間に渡って

爆発的に調剤薬局の店舗数は増加し、

これに比例して医薬分業の考え方は

より浸透していくようになりました。

 

医薬分業が進む中で、

病院薬剤師の業務内容にも大きな変化が現れます。

 

1988年には、

現在の病棟業務にあたる薬剤管理指導業務が設置されます。

 

 

薬剤管理指導業務は、

入院患者の薬歴管理や服薬指導を介し、

患者の医療に対する理解を深め、

また患者から得た情報を薬を処方した医師にフィードバックすることにより

薬の有効活用を推進することを目的としています。

 

臨床薬剤師とは、

薬剤管理指導業務を行う薬剤師のなのことです。

 

臨床意志の具体的な業務内容としては、

入院患者に投与する薬の詳細や服薬方法、

注意点等を医師や看護師に説明し、

チーム医療を円滑に運ぶという業務に加えて、

薬の投与量のプランニングを行い、

医師に対してアドバイスを行うという業務を行います。

 

臨床薬剤師に要求される「薬剤管理指導業務」は、

単に患者に服薬指導を行うという狭い範囲の業務から、

今では患者に対する薬物療法の効果の評価や副作用のモニタリング等、

「総合的な薬物療法」という広い解釈へと変化してきました。

 

臨床薬剤師として求められる業務をこなす為には、

薬剤学的な知識は勿論のこと、

薬物治療学や薬物動態、依存体制の仕組み、副作用の発現など、

広い分野をまんべんなく理解することが大切です。

 

さらに、もう一つ大切なことがあります。

 

それは「倫理観」です。

 

大学における薬剤師教育課程において

「倫理」が重要視されていることからも、

その重要性が伺えます。

 

患者からは勿論、他の医療従事者からも信頼を得て、

病院で活躍する為には、

主役は患者であるということを常に忘れてはなりません。

 

臨床薬剤師として活躍する為には、

まずは病院薬剤師になることが第一歩です。

 



sponserdlink