sponserdlink

薬剤師が「問診」する理由とは?

「さっき医師に症状を話して処方せんをもらったのに、

どうして薬剤師にまた同じことを言わなければならないの?」

 

「そもそも、なんで薬剤師に問診されないといけないの?」

 

このように、薬剤師が問診を行う事に疑問に感じる患者さんは

少なくありません。

 

薬剤師が問診を行う風習は、近年医薬分業の考え方が進んできた為に

生まれたものです。

 

医薬分業では、医師と薬剤師の役割を分担して

不適切な処方・薬を排除し、過剰投薬などの医療過誤を抑止、

薬物治療がより社会や個人にとって有益なものになることを

目指しています。

 

医師は医療のプロフェッショナルですが、薬に関しては

更に専門性の高い薬剤師により、処方された薬の種類や

投与方法、投与量や薬の相互作用(副作用)等をチェックします。

 

薬は種類や分量を誤ると危険性の高いものも多く、

医師の処方せんを薬剤師がチェックすることで

より確実な安全性をもたらしているのです。

 

問診する薬剤師

 

薬剤師の問診で注意しなければならないポイント

まずは”相手の目を見る”ということが大切です。

 

問診や医薬品を渡す際の服薬指導では、

紙面ばかりを見ず、患者さんの目を見て、

相手が理解しているかどうか確認しながら話すようにしましょう。

 

また問診や服薬指導の前に挨拶、自己紹介をすることで

患者さんに安心感を与えます。

 

薬の情報だけを一方的に患者さんに伝えるだけでは

コミュニケーションは成り立たないのです。

 

患者さんの話には適度に相槌を打って、表情を見ながら

意見、質問を行い、患者さんと距離を縮めていきましょう。



sponserdlink