sponserdlink

実力主義の外資系製薬会社に転職する

薬剤師が外資系企業に転職する事を考えた場合、

日本に企業に転職するケースと比べるとどのような違いが存在するのでしょうか?

 

薬剤師の場合、

外資系企業で言うと製薬企業が大半でしょう。

 

外資系企業は給与が高い傾向にありますが、

あくまであなた自身の実力次第です。

 

年功序列制度の根強い日系企業と比べると、

外資系企業は実力主義で、

成果を上げれば上げるほど、得られる給与・待遇は良くなります。

 

年収1,000万円以上を目指せるといった求人情報等も多いですが、

これは能力の高い薬剤師に限った事です。

 

薬剤師 求人サイト 口コミ

 

外資系企業に転職する場合に求められる英語力

外資系企業への転職を考える上で避けて通れないのが、

「英語力」です。

 

外資系企業の場合、

上司が日本人ではないという事も珍しくありません。

 

当然、日常会話レベル以上の英語力が要求され、

専門用語も多く用いる事になります。

 

お客さんとなる取引先との交渉に関しても英語を使う機会が多く、

募集の際にはTOEICの点数を条件としている企業も少なくありません。

 

英語ができない薬剤師はどうすれば良い?

では、英語を喋れない薬剤師は、

外資系企業に転職する事は無理なのでしょうか?

 

実は、

外資系企業でも転職できる可能性はあります。

 

単に外資系の企業と言っても、

企業にもよりますが、

あまり英語をしようしないという企業も存在します。

 

ただし、これらの企業については、

製薬企業での就業経験やCRA等の経験が求められる場合が多く、

英語の条件よりもさらに厳しく感じるものもあるでしょう。

 

ですから、やはり、最も大切な技能は、

「英語力」であると言えるかもしれません。

 

薬剤師が転職して外資系に転職する場合には、

大きな不安が伴います。

 

ですが、企業によっては、

英語力を身に付ける為のサポート体制を完備している場合もあります。

 

勉強会や講習会、留学援助等、

様々な形が存在します。

 

薬剤師の国家資格を持っており、

さらに英語でビジネスができるとなれば、

企業にとっては非常に頼もしい、魅力的な人材です。

 

このような人材を確保する為には、

企業も協力を惜しみません。

 

 



sponserdlink