sponserdlink

薬歴管理」は、薬剤師だけではなく、

多くの医療機関で共有されることにより

医療の効率面で大きく患者に貢献する「情報」です。

 

今回は薬歴管理の重要性について

薬剤師と薬歴管理の関係性を通して紹介します。

 

薬剤師 パート 男性薬剤師

 

薬剤師が「薬歴管理」を実施する理由

薬剤師は薬歴管理を元に適切な服薬指導をすることで、

高齢者間で特に問題視されている「重複投与」や、

薬の相互作用が引き起こす重篤な「副作用」等の

医療過誤を未然に回避することができます。

 

薬剤師が薬歴の作成を行うに際して、

全ての患者を対象に作成することは困難であることから、

相互作用が起こりやすい飲み合わせと等、

注意が必要な薬を服用している患者からちょっとずつでも

対象を増やしていきます。

 

特に抗悪性腫瘍薬や抗糖尿病薬といった医薬品については、

薬歴を付けることを

日本病院薬剤師会より推奨されています。

 

勿論、これらの情報については

個人情報として保護する必要性がありますから、

利用目的を明示し、

具体的な内容を施設内に掲示する等患者に通知し、

個人情報保護法の尊守への配慮を要します。

 

薬歴管理の活用方法

患者が薬物治療を受けるに際し、

薬歴は治療の有効性及び安全性を確保する為の

重要な情報の一つです。

 

薬を処方する医師は診療の記録として

診療録(通称:カルテ)の記載が義務付けられていますが、

一方で、薬剤師には調剤録の記載・保管が義務となっています。

 

ですが、薬が適切に用いられていることをチェックし、

それを推進するという薬剤師としての役割を遂行する為には、

調剤記録のみならず、患者のヒアリング等を通して得た

服薬状況の実際の情報や、アレルギー、副作用など、

患者一人ひとりの服薬に必要な情報を収集し管理しなければなりません。

 

特に、高齢化や、医療の進歩、専門分業化が進むにつれて、

患者が自ら情報を集め、病院や科を選んで

複数の医療機関・診療科に出向くケースが増加しています。

 

かかりつけ薬局による管理が原則とされていますが、

複数の薬局を利用している患者が多いのが現実です。

 

薬歴に記録された疑義照会や問題点等は

その後行われる疑義照会や服薬指導において大きく活かされます

 



sponserdlink