sponserdlink

【薬剤師転職】薬事衛生の仕事と業務内容

薬剤師が薬事衛生に関連する仕事をするということは、

ある意味当たり前の事と言えます。

 

人命に関わる薬の取り扱いがあるのですから、

薬について確かな知識・技術を有した薬剤師が

その管理と監視に必要とされているのです。

 

薬剤師 研究職 企業 就職

 

薬剤師と薬事衛生の関係性は

薬剤師と薬事衛生は非常に深い関係性にあります。

 

「薬事衛生」とは?

薬事衛生とは、薬学の知識に基づいて、

医薬品の製造や販売、さらに利用に際して最適な環境の整備・管理、

また研究を行うことの他にも見薬品とは無関係のようにもみえる

食品・製造等から出る廃棄物や、

劇薬、毒薬の製造、廃棄に際し

衛生面・環境面からの管理業務をも意味します。

 

薬事衛生に携わるということは、

食品衛生管理者や衛生管理者として従事するということを意味し、

これを行う為には、指定の講習を受け、

また試験を通して資格を取得しなければなりません。

 

ただし、

薬剤師の資格があればいくつかの試験を免除することができ、

資格非取得者よりも取得しやすくなります。

 

薬剤師が薬事衛生に携われる仕事とは?

薬剤師が薬事衛生に関わる仕事に従事すると、

主に薬に関する総合的な知識を前提とした中で、

安全かつ良品質の商品を提供する為の製造工程や、

また出荷前の品質のチェック等を行うことに関して、

管理責任者としての業務が主な仕事です。

 

工場では当然、

作り出すものを管理することも大切ですが、

従業員の健康状態や就業環境等を管轄する衛生管理者としての業務も、

薬剤師としての知識を活かすことができますから、

このような業務も兼任される場合もあります。

 

また、行政機関に就職することで

薬事衛生に携わる方法もあります。

 

薬事衛生という立場で最も仕事が豊富なのが

行政の仕事です。

活かすことができるでしょう。



sponserdlink