sponserdlink

ドラッグストア 勢力拡大の歴史

ドラッグストアの前身は、「町の薬屋さん」、

つまり薬局、薬店です。

 

当時の薬局・薬店経営者が

ドラッグストアへのシフトを目論んだ背景には、

  • 従来の医薬品小売業の展望に不安を感じた
  • 旧態以前の商慣習を打破しようと考えた

この2つが根底に存在します。

 

ドラッグストア 勢力拡大の歴史

 

昭和30年代(1955年~)は、戦後の経済復興を受け、

一般用医薬品(OTC)が絶頂期を迎えていました。

 

製薬会社では大量生産・大量販売を展開。

 

日本国内に類を見ない保険薬ブームを

引き起こしたのです。

 

当時、OTC薬は医薬品生産金額全体の

半数以上を占めていたのです。

 

ところが、OTC薬のトラブルが多発するようになり、

アンプル風邪薬事件等が起こると、

業態のあり方に批判を集めるようになったのです。

 

これにより再販制度の強化・適配条例の制定等、

規制強化の流れが波及しました。

 

1970~1980年代

70年代になってドラッグストアが登場すると、

既存の業態よりも安く販売することから消費者の支持を集め、

その勢力を徐々に拡大。

 

さらに日本のドラッグストア作りを目論む経営者達により、

「ボランタリーチェーン」*が結成されました。

 

*独立した小売事業者が連携、組織化し、

物流等を共同で行う形態

 

オールジャパンドラッグ(AJD)、日本ドラッグ(NID)です。

 

1990~2000年代中盤

ドラッグストアは薬局・薬店の売上を奪い、

規模を拡大していきました。

 

さらに、顧客の健康と美容に力を入れ始めるようになります。

 

雑貨や食品等、多岐にわたる商品を

取り扱うようになりはじめたのもこの頃の特徴です。

 

90年代後半には100店舗を超えるチェーン店が登場。

株式を上場する企業も増加してきました。

 

2000年代後半~

OTC薬販売の規制緩和の影響も受け、

他業態との差別化を図る為に、

・調剤機能の強化

・セルフメディケーション

・在宅介護

など、高齢者市場の展開を見据えた

店舗開発に注力し取り組むようになりました。

 

さらに、「コンビニエンス」機能の強化を図り、

営業時間の長時間化や利便性の高い立地、

食品や日用品等、消耗品の取り扱い、

クイックショッピングを実現する売り場展開、サービス等も強化。

 

スケールメリット向上の為、

M&A、提携が積極的に行われるようになりました。



sponserdlink