sponserdlink

 

薬剤師がドラッグストアから転職して病院薬剤師になることを考えるのはどのような時でしょうか?

 

 

ドラッグストア薬剤師が転職したいと思う時

 

まず、薬剤師でなければ医薬品は扱えないことからドラッグストアにおける薬剤師の初任給は高く、年収は最初の時期から400万円を越えます。

 

立地や企業によっても異なりますが、店長にまで昇進すると年収700万円を越えるというケースも珍しくありません。

 

また、お客さんである患者さんとのコミュニケーションの場として、患者さんと仲良くなり信頼関係を築くことも達成感が得られやりがいを感じるポイントです。

 

このようにドラッグストアではかなりの好条件であるように感じられますが、何故病院薬剤師への転職を希望するのでしょうか?

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

 

 

ドラッグストアと病院薬剤師を隔てる「年収」という大きな壁

 

ドラッグストアの市場規模は年々拡大し続けているものの、薬剤師の平均年収は500万円弱程度に留まっています。

 

店長クラスによってもこれは変わらず、場所によってはドラッグストアの最大のメリットである「年収」を潰してしまう可能性があります。

 

その為役職の得られる病院薬剤師に転職することで給与アップを狙うという薬剤師は少なくないのです。

 

ですが、病院薬剤師の初任給は水準よりも低い傾向にあります。

 

また医薬品以外の日用品を豊富に取り揃えている性質上、薬剤師本来の業務意外にも様々な雑務をこなす必要があります。

 

レジ打ちや棚卸しなどといった「薬剤師らしからぬ仕事」を強要されることになりますから、薬剤師としての仕事に拘りのある人にとっては苦痛に感じることも多いでしょう。

 

薬剤師としての資格を活かしてより専門的な仕事をしたいと考えた時、最も患者さんに身近に寄り添った「病院薬剤師」として薬剤師のやりがいを求めて転職する人が多いのです。

 

 



sponserdlink