sponserdlink

ドラッグストア薬剤師の勤務時間

 

ドラッグストア勤務薬剤師の勤務時間

近年24時間営業のドラッグストアも増加し、

ドラッグストア薬剤師の勤務時間は長いというイメージを

持たれています。

 

24時間とはいかずとも、21~22時まで営業している店舗も

珍しくなくなりました。

 

ですが、ドラッグストアでは「完全週休2日制」を導入している店舗や

「残業なし」の店舗も少なくありません。

 

ドラッグストアの業務はレジや棚卸しなど

薬剤師ではなくともできる業務が多く、

また最近では一類医薬品以外の薬品を取り扱うことのできる

登録販売者制度もあり、

営業時間内中ずっと薬剤師が常駐している訳ではありません。

 

ドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの業務は調剤や服薬指導等以外にも

レジや品出し、店内の清掃等、薬剤師の免許を必要としない

多くの仕事が存在します。

 

調剤薬局では薬剤師1人あたりの処方せん枚数が決まっている為、

多くの薬剤師が一つの店舗に多く配属されますが、

ドラッグストアではそこまで人数を必要とするほどの量の

処方せんを捌かなければならないという状況は少なく、

薬剤師の人数は少ない場合が一般的です。

 

混雑時にはヘルプを呼べず、キツい思いをしてしまう場合も

あるでしょう。

 

調剤薬局とは異なり、24時間営業のドラッグストアなどでは

シフトが不規則になるということも珍しくありません。

 

働きはじめてから想像していたよりも長い勤務時間で

不規則なシフトで働くことにより、

転職を考えなければならないような事態にならない為にも、

営業時間や薬剤師の人数など事前に出来る限り調べておきましょう。



sponserdlink