sponserdlink

薬剤師は女性の多い職種としても有名です。

 

若い頃は正規職員として働き、結婚・出産を機に

退職する女性は少なくありません。

 

ただし、現在では退職せず働き続ける女性も増えてきました。

 

産休・育休を活用しながらも薬剤師として活躍しているのです。

 

また、退職後、パートタイム等として復職し

ママ薬剤師として働いている女性も多く存在します。

 

今回はママ薬剤師の為に女性薬剤師としての働き方について

考えていきましょう。

 

薬剤師 育児 子育て 仕事 両立

 

薬剤師の業務形態

薬剤師として働くにあたって、勤務形態は大きく3つにわけられます。

 

「正社員」「パートタイム」「派遣社員」です。

 

正社員の薬剤師

正社員の場合フルタイムで週5日~働くこととなりますから、

育児のことを考える場合、そのまま働き続けることは非常に困難です。

 

このような時、「時短勤務」を認めてもらえるかどうかということは

重要なポイントとなります。

 

企業にもよりますが、子どもが3歳になるまで、

あるいは小学校へ通うようになるまで等、

限定的に「時短勤務が可能な企業」が存在します。

 

パートタイムの薬剤師

パートタイムの場合、週2~3日程度の勤務でも問題なく、

また働く時間についてもかなり融通が利きます。

 

派遣社員の薬剤師

ママ薬剤師の中には派遣として働く女性もいます。

 

派遣では有給休暇が取得可能で社会保険にも加入できる等、

 

正社員やパートと比較しても自由度の高い働き方ができます。

 

期間についても1日~1週間といったスポット的な案件もあれば、

3か月~半年、1年といった長期案件も存在します。



sponserdlink