sponserdlink

 

企業MRから調剤薬局に転職するメリット

 

薬剤師が企業MRから調剤薬局に転職する場合、やはりMRならではのPRポイントとしては「コミュニケーション能力の高さ」が第一に挙げられるでしょう。

 

調剤薬局のように患者さんと関わる機会は少なくとも、医師や看護師など他職の医療従事者とのやり取りが主となるMRでは、コミュニケーション能力は立派なアピールポイントになります。

 

特に薬剤師については患者さんに対して「教える側」であるという意識が強いことから、相手の話を聞いて欲しい物、求めているものを聞き出して信頼関係を築くテクニックはMRならではのポイントです。

 

調剤薬局で取り扱う薬の名称や効果も把握しており、またその薬を出しているのがどこの会社なのかといった最新の知識も有していることから、患者さんにとっても頼りがいのある存在となれるでしょう。

 

また体力的な負担が大幅に軽減されるということも大きな魅力でしょう。

 

調剤薬局の場合多忙な店舗を選ばなければ残業もそこまで多くはなく、精神的な負担も軽くなります。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e6%b1%82%e4%ba%ba-%e6%9d%b1%e4%ba%ac

 

 

企業MRから調剤薬局に転職するデメリット

 

ただし、調剤薬局は狭い店舗内で仕事をすることになりますから、同じメンバーだけで作業を続けることで手狭に感じてしまうことも少なくないでしょう。

 

また、給料も大きく減る可能性があります。

 

転職の際にはこれらを充分に天秤にかけて考えなければなりません。

 



sponserdlink