sponserdlink

処方箋の使用期限とは?

処方箋には「使用期限」があるということを

ご存知だったでしょうか?

 

薬剤師 処方せん調剤 薬局

 

病院やクリニックで処方箋が発行された際には、

使用期限内に調剤薬局へと持ち込む必要があります。

 

使用期限は発行日を含め

「4日間」となっているのです。

 

使用期限が超過してしまった場合、

その処方箋は調剤薬局で受付してもらえなくなります。

 

薬が欲しい場合には改めて受診するか、

あるいは医療機関で

処方箋を再発行してもらわなければなりません。

 

ただし、再発行は健康保険適用外となり、

費用は全て自己負担になります。

 

処方箋の使用期限を延長することはできないの?

処方箋の使用期限は基本的には

延長することはできません。

 

どうしても様々な事情があり

日数を伸ばさなければならないというケースでは、

処方した医師、

または薬剤師が期限の日付に斜線を入れ、

別日を訂正印と共に記録するという手法が用いられます。

 

ただし、場所によっては

この手法が禁止されている場合もあり、

やはり基本的には日数の延長は

できないと考えた方が良いでしょう。

 

もし使用期限である4日間では

薬を受け取ることができないということが

予めわかっている場合には、

診察の時点で事前に医師に相談しておきましょう。

 

診断内容や症状によって延長が可能と判断された場合には、

延長してもらえる場合があります。

 

処方箋の使用期限切れ対策は?

処方箋の使用期限を超過してしまうケースとして、

調剤薬局に処方箋を持ち込んだところ

薬を渡してもらうまでの待ち時間が長く

後の予定が押してしまう為、

薬を受け取る事ができなかった、という場合があります。

 

このような可能性を考慮し、

予めFAXで処方箋を送るという手法が

推奨されている調剤薬局もあります。

 

病院や自宅から予め調剤薬局へFAXしておくことで、

調剤薬局では簡易的なチェックだけで

到着してすぐにスムーズに薬を受け取ることができるようになります。

 

ただし全ての調剤薬局で対応している訳ではありませんので

注意が必要です。



sponserdlink