sponserdlink

 国試後の薬学生の就職先の探し方

薬学生の就職先の探し方としては大きく3つのパターンが考えられます。

 

新卒薬学生の就職先の探し方

 

1.病院実習・薬局実習でお世話になった職場に就職する

最も手っ取り早いのはあなたが病院実習や薬局実習で

お世話になった職場に就職することです。

 

病院ではポストに空きがなければ難しいものの、

調剤薬局やドラッグストアであれば比較的寛容に

受け入れてくれます。

 

2.友人・大学の紹介で就職する

所属している研究室で聞いても良いですし、

大学の部署を頼っても良いでしょう。

 

ただし、国試を終えてからの就職活動の場合、

3月からの開始となる為時間が限られてしまいます。

 

3.薬剤師の就職支援サービスを利用する

いわゆる就職支援サイト(転職サイト)です。

 

このようなサービスでは薬剤師国家試験に合格予定の薬学生でも

支援してくれます。

 

卒業間近という理由で病院への就職を諦める必要もなく、

卒業まで1か月の短期間で就職先を決めなければならないということもありません。

 

4月入社に拘る必要はない!

日本では4月に一斉に新卒社員としてスタートを切りますが、

薬剤師の場合、入社時期が5月以降となっても全く問題はありません。

 

薬剤師業界では5月以降にも新たに薬剤師を多く受け入れており、

あなたが5月や6月に中途入社したとしても誰も気にしません。

 

一般的な企業の場合、新卒社員同士で仲良くなることは

よくあることですが、薬剤師の場合は新卒同士ではなく

身近な薬剤師同士で仲良くなる場合が大半です。

 

現場で働く薬剤師業界でも、新卒同士集まって飲み会を開くようなことは

一般企業程盛んに行われている訳ではありません。



sponserdlink