sponserdlink

これからの時代、薬剤師は在宅医療に必要不可欠!

在宅医療では病気に罹患されている患者さん本人や、

自宅で介護している家族の気持ちにより添える

「人間力」が求められます。

 

大切な事は“人の役に立ちたい”という気持ち

自分の意思で動く事のできない高齢者や、

障害者に寄り添いたいという気持ちを持って

薬剤師になった方も多いです。

 

そのような思考をもった薬剤師にとって、

在宅医療は遣り甲斐を感じる事のできる現場であるといえます。

 

しかし、病院内で調剤や服薬指導を行う業務とは違って

単独で行動する事が多いため、

患者やその家族、医師や訪問看護師、ケースワーカーとの

連携を行い、

チームとして医療を進める根気強さや細やかさが必要となります。

 

常に自身が患者さんにできることは何か、

自分の果たすべき役割は何かを考え

業務を行う日々が続く事になります。

 

在宅医療の現場で薬剤師の気持ちを支えてくれるのは、

相手の気持ちに寄り添って理解したいという「使命感」、

あるいは「責任感」なのです。

 

在宅医療での薬剤師の役割

進み続ける高齢化社会によって、在宅医療の家庭の増加や、

自宅で終末期を過ごしたいと希望する患者の

“QOL向上”を支えることが薬剤師にも求められています。

 

在宅医療を担当する医師の負担増加している事により、

業務を支えるという意義もあるのです。

 

正しい情報提供で飲み残し薬剤費を削減したり、

介護に携わる職員の服薬管理などの状況を改善するという、

社会的にも大きな役割となります。

 

在宅医療・教育現場の薬剤師の役割

 

薬剤師は「人材育成」講師にもなれる!

薬剤師が講師として働く事ができるのは

学校は予備校や塾となります。

 

  • 「薬剤師の国家試験の予備校」
  • 「薬学部志望者向け進学塾」
  • 「美容師の専門学校」

 

などが該当します。

 

講師に適正のある薬剤師とは

「次の世代の人材を育てる」仕事は尊く、

そして魅力的なものです。

 

薬剤師が講師として働く為の適性としては

以下のようなものが挙げられます。

 

◇薬剤師=調剤という固定概念がなく、視野が広い

国家試験に合格し薬剤師となった時、

調剤薬局、病院以外にも道が沢山あるのが薬剤師です。

 

製薬会社、食品会社また公務員薬剤師に至るまで

様々な選択肢があります。

 

このことをしっかり理解していて、自身も多くの体験を積んで、

知識を身につける事ができていれば

“薬剤師の将来の可能性”について語れ、

生徒のよき相談相手となる事もでき信頼されます。

 

◇後輩の育成をした経験や実績がある

講師という仕事は、説明力、先見力や読解力、

パフォーマンス力が必要となります。

 

調剤薬局や病院で勤務している時、

後輩の指導や育成の立場で働いていたならば、

これらの力はある程度もっている事になります。



sponserdlink