sponserdlink

 

大学病院の門前薬局では大学病院から出される処方せんを取り扱う性質上、豊富な種類の医薬品を取り扱える利点があります。

 

ですが、逆を言えば豊富な種類の医薬品を取り扱える知識とスキルがなければなりません。

 

今回は大学病院の門前薬局で働く薬剤師のメリットとデメリットを解説していきます。

 

 

大学病院の門前薬局で働く薬剤師のメリット

 

多くの科が揃った大学病院では様々な処方せんが出される為、個人病院等では見られないような多くの科の医薬品に関わることができます。

 

また、大学病院の診察時間はキッチリ定められていることから、就業時間がキッチリ定められているのも大きな利点です。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

 

大学病院の門前薬局で働く薬剤師のデメリット

 

薬剤師としてのスキルアップの為に最適な勉強の場といえる大学病院の門前薬局ですが、多くを勉強しなければならないハードな職場とも言えます。

 

大手チェーンの門前薬局の場合、研修制度が充実している場合がほとんどですが、それだけでは不足してしまう場合があり、残業や休日の勉強会に参加するなど、自主的に勉強の為の時間を確保することが求められることになります。

 

また大学病院の医師の多くは多忙を極めており、疑義照会の為に電話をかけても、医師本人には繋がらず看護師が出るといったことも珍しくなく、患者さんを待たせてしまうことになる場面もあるでしょう。

 

 

大学病院の門前薬局のこれから

 

大学病院の門前薬局に限ったことではありませんが、かかりつけ薬局を主流にする風潮があります。

 

ですが、現実には大学病院に出向く方は多く、その場で薬を貰って帰りたいという患者さんがほとんどです。

 

かかりつけ薬局には在庫がないような珍しい薬が処方されるような患者さんも大学病院の門前薬局に足を運びます。

 

ですから、大学病院の門前薬局は今まで通り需要が高く忙しい職場で有り続けることでしょう。

 



sponserdlink