sponserdlink

対人恐怖症の薬剤師の就職

 

対人恐怖症とは?

 

まず、対人恐怖症をご存じない方の為に、対人恐怖症について簡単に解説させていただきます。

 

対人恐怖症とは神経症の一つの精神疾患で、人に対して会話等の接触を通じて異常なほどの緊張・恐怖を感じてしまいます。

 

服薬指導や健康相談、カウンセリングなどを通じて人と医薬品を繋げる調剤薬局やドラッグストアで働く場合、非常に辛い思いをすることになるでしょう。

 

対人恐怖症は日本人特有の病気とも呼ばれ、特に男性よりも女性の方がかかりやすい傾向にあります。

 

対人恐怖症は放置していれば自然に治る類のものではなく、うつ病等のより重篤な疾患の原因となります。

 

 

対人恐怖症の薬剤師

 

先述した調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師は服薬指導等患者さんの相談に応じる事が多く、病院においては患者さんの容態の確認や服薬指導以外にも医師や看護師といった他職の医療従事者とのコミュニケーションも欠かせません。

 

企業にあってもMR等外部の人間と多く触れ合う機会のある部署は勿論、施設内勤務の品質管理職等であっても仕事上他人との会話を避けて通ることはできません。

 

とはいえ、医療分野に精通した薬剤師ですから、会社や職場に協力をお願いすることができる場合もあります。

 

調剤だけとは限らずとも、裏方で働かせてもらったり、直接人と接するのではなく、電話等を通して仕事ができる環境を整えてもらうということも効果的です。

 

 

対人恐怖症の薬剤師にオススメの「在宅ワーク」

 

対人恐怖症の薬剤師でも他人と殆ど接することなく働くことができる仕事として「在宅ワーク」という選択肢があります。

 

薬剤師ならではの高い専門性を活かし、ブログや、治験データの作成など専門的な仕事を自宅のPCで行うなど、仕事内容も多岐に渡ります。

 

ある程度の給与を確保する為にはやはり直接雇用主と何らかの手段でやり取りする必要がありますから、完全に対人関係を断つことはできませんが、通常の職場で常に周囲を他人に囲まれた環境で仕事するよりは遥かにストレスやプレッシャーが軽減されることは間違いないでしょう。



sponserdlink