sponserdlink

高給ということは、それだけ薬剤師の能力が高く、

薬局や病院が求めているスキルを有していることを意味しています。

 

当たり前ですが、無条件で高い年収を提示するような

求人先は存在しません。

 

特に病院薬剤師として転職し高年収を勝ち取ったというような人は、

同じ病院で何年も勤続し、薬剤部長などまで出世したような

ごく一握りの薬剤師だけです。

 

その為、ここでは調剤薬局・ドラッグストア等の転職における

高年収求人について解説していきます。

 

年収アップ 薬剤師の転職・求人

 

薬剤師の給料の出処は?

あなたは、”薬剤師の給与がどこから支払われているのか?”

ということを考えたことがありますか?

 

直接的には、病院又は薬局の経営者から支払われます。

 

そうではなく、

そもそも薬剤師の給料はどのように定められているのか、

ということをご存知でしょうか?

 

病院や調剤薬局で働く薬剤師の給料は

主に「調剤報酬」によって定められています。

 

では、調剤報酬はどのように決められているのでしょうか?

 

この質問に応えられる薬剤師はかなり限られています。

 

薬剤師会の活動に積極的に参加している薬剤師でなければ

この問いには答えられないでしょう。

 

「薬剤師連盟」と「調剤報酬」の関係

調剤報酬は「政治」によって決まります。

 

国会議事堂で薬剤師の推薦する議員達が根回しを頑張ることで、

2年に1度の報酬改定により

薬剤師にとって有利に働くよう話を進めているのです。

 

これを後押しするのが「薬剤師連盟」の存在で、

いわゆる政治団体のことです。

 

大手チェーン店の年収が低い理由

大手チェーン店では自然に多くの人材が集まってくる為、

「他の薬剤師でも替わりがいる」のです。

 

言い方は悪いですが、現実問題として、

給料を安く提示しても多くの薬剤師が応募するのです。

 

病院でも同様のことが言えます。

 

一方、中小薬局では応募が少ないことから

大手と比べて慢性的な薬剤師不足の問題を抱えているケースが多く、

 

1人の薬剤師に対する需要が高くなり、

結果として高年収を提示する傾向にあります。



sponserdlink