sponserdlink

年収700万円の薬剤師を目指す転職活動

 

薬剤師が転職で年収700万円稼ぐということは、

決して難しいことではありません。

 

薬剤師の年収の平均は、全国で見た場合、

500~650万円ほどです。

 

これは職業や仕事場のエリア、男女など関係なく平均したものですから、

700万円という金額も、

決して不可能ではないことがわかります。

 

それでは、薬剤師が転職で確実に年収700万円稼ぐ為には、

どのような方法があるのでしょうか?

 

男性薬剤師 調剤薬局 派遣

 

企業・病院への転職について

薬剤師が年収700万円稼げる代表的な方法としては、

企業への転職があります。

 

特にCRAやMRといった営業職の強い職種については、

特に顕著で、

また、経験者ともなると、さらに高い年収が期待できます。

 

未経験の場合、いきなり高い年収を確保することは難しいでしょうが、

中途採用に対する研修制度など、

教育体制の整っている企業も多く、

確実に給料を上げることができます。

 

勿論、未経験からいきなり700万円稼ぐことは簡単ではありませんが、

キャリアを積んでいくことで着実に達成することができます。

 

国内の企業に比べると、外資系企業の方が、

年収700万円稼げる可能性は高くなります。

 

ただし、外資系企業の場合、実力主義で、

成果次第では給料が下がってしまう場合もあるので注意しなければなりません。

 

 

病院薬剤師は低給料というイメージがありますが、

薬局長等の役職に付くことで、

年収700万円に到達することができます。

 

とはいえ、役職には厳しい定員があり、競走も激しいことから、

年収700万年を確実に稼ぎたいということであれば、

おすすめはできません。

 

調剤薬局・ドラッグストアでも年収700万円稼げる!?

企業や病院で働く意外にも、

700万円以上の年収が見込める薬剤師の仕事としては、

僻地の調剤薬局やドラッグストアで働くという方法が存在します。

 

 

人口が少なく、周辺施設の周りには何もない、

住みにくい場所では、進んで行きたがる人がおらず、

薬剤師であるというだけで、高額な年収が得られる傾向にあります。

 



sponserdlink