sponserdlink

年間休日120日以上の薬剤師求人というものはとても魅力的ですよね。

 

特に調剤薬局やドラッグストアで薬剤師として働く場合には、立ち仕事となることから体力勝負であるということが言えます。

 

また高い集中力が求められる調剤業務は絶対にミスしてはならないプレッシャーとも戦わなければなりません。

 

効率的に仕事をこなす為にもしっかりと休暇を取りたいものです。

 

年間休日120日以上の薬剤師求人

 

年間休日120日以上の薬剤師の仕事とは?

 

薬剤師の求人で年間休日120日以上の仕事は少ないことは間違いありませんが、条件を満たす企業も存在します。

 

今の職場で休日が少ないと感じていても、入社時の契約で休日の条件が定められており、残念ながらその職場で待遇を帰ることは困難ですから、現実的に休日を増やすことを考えた場合、「転職」に頼ることとなるでしょう。

 

職種別で言うと、365日24時間営業しているドラッグストアが最も休日を確保しづらく、次いで病院薬剤師、調剤薬局と続きます。

 

年間休日120日以上の条件で最も転職先を見つけやすいのは「調剤薬局」です。

 

 

年間休日120日以上なら調剤薬局!

 

調剤薬局では病院の営業時間に合わせているケースが大半です。

 

個人病院の場合、平日に1日休み、土曜日は午後のみ休み、日曜日は休みというパターンが一般的で、薬剤師もこれに併せて休みということとなります。

 

総合病院の門前薬局であれば外来・診療が土曜日の午後と日曜日が休みの場合が多く、これに沿って確実に休みが取れます。

 

 

企業薬剤師の年間休日は?

 

その他、企業勤めの薬剤師についても、通常の会社員と同様に平日勤務、土日祝日休みという勤務形態の場合が一般的です。

 

ただし、CRO勤務や工場の品質管理等などについては繁忙期は休日出勤を強要される場合もあります。



sponserdlink