sponserdlink

「不要に入る為の条件」を知ろう!

薬剤師としてパート勤務するに際して、「○○万円の壁」と言う言葉を

聞いたことはありませんか?

 

これは大きく「103万円の壁」と「130万円の壁」が存在します。

 

これらの年収を越えた時点で税金の額が上がる等、

多くのお金を支払わなければならなくなります。

 

扶養内 時短勤務 パート勤務 薬剤師

 

「年収103万円の壁」所得税

妻の年収が103万円以下の場合、

夫の不要に入ることができるようになります。

 

配偶者控除と呼ばれる制度が適用され、

所得税38万円、住民税33万円が控除されます。

 

年収103万円を月収に換算すると毎月8.6万円となります。

 

「年収130万円の壁」社会保険

年収が130万円以上になると、

社会保険料を支払わなければなりません。

 

負担額がかなりアップする為、

家計への圧迫が一気に強くなります。

 

年収が無駄に多いと働き損!

年収130万円を越えると、年間20万円ほど負担が増加します。

 

薬剤師に限ったことであはりませんが、多くのパート主婦さんは

扶養内で働こうと考えます。

 

年収150万円であっても、実質年収130万年とほとんど変わりません。

 

時短制度を活用してママ薬剤師として働く

薬剤師として働く場合、年収103万円や130万円の条件は

意外に容易く越えてしまいますから、

130万円の壁を気にしないように働きたいという方も少なくありません。

 

勤務時間を短くして、週3~4日働きたいと考えている人や、

正社員ではあるものの「時短制度」を活用して

働きたいと考える人も多いのです。

 

パート薬剤師の場合は時間の融通が利きやすいのですが、

正社員の場合はパート薬剤師程の自由度はありません。

 

ただし、交渉次第で

時短勤務の希望を叶えることは充分に可能です。



sponserdlink