sponserdlink

救急認定薬剤師とは

救急認定薬剤師は、日本臨床救急医学会によって

認定されている薬剤師のことです。

 

救急医療の現場で薬物療法に関する高度な知識や

技術、倫理観を備えて最適な治療を行い

国民の健康に貢献することを目的とした職種です。

 

救急医療の現場は、様々な職種の専門性を活かした

チーム医療が求められており、

薬剤師の新たな職能として期待されている現場です。

 

救急医療には多様多種の症状の患者が搬送され、

症状に応じた的確な薬物療法、

容態の急変にも応じて

迅速な薬剤変更ができなくてはいけません。

 

救命救急センターやICUには、医師、看護師以外にも

診療放射線技師、臨床工学技士、栄養士、薬剤師など

様々な医療スタッフが連携して

チーム医療が実践されていますが、

受け入れ側の人手不足も深刻な問題となっています。

 

2008年の診療報酬改定に伴って

経済的な評価により、救命救急センターの薬剤師が

業務を行う施設が増加したことで、

日本病院薬剤師会の協力を得て、

2010年に救急認定薬剤師制度を創設するに至りました。

 

救急認定薬剤師・薬局薬剤師の役割

 

薬局薬剤師に求められる役割

厚生労働省は近年国民にかかりつけ薬局を持つことを

呼びかけており、

それと同時に、薬局側に対しても、地域に密着している

医療提供施設としてあるべき姿を提示しています。

 

その内容は多くが

薬剤師の対応に関わるものになります。

 

調剤や服薬指導の仕方、OTC医薬品の販売だけに限らず、

健康相談への対応など、国民の健康づくりに関する情報提供や

地域住民全体の健康意識向上につながる活動を

行うことも上げられています。

 

更に、在宅医療への参入により、服薬指導以外には

家庭内の除菌や害虫の駆除相談への対応なども

薬局薬剤師の活動範囲は拡大しています。

 

こうした働きを行う事が自身の薬局を地域に密着した、

“かかりつけ薬局”に育てていくということは

薬局薬剤師の重要な役割となります。



sponserdlink