sponserdlink

新人薬剤師が辞める理由

 

新人の薬剤師が辞めたいと思う時

新人の薬剤師が「辞めたい」と思うことは珍しいことではありませんが、

理由は千差万別です。

 

例えば、今の職場に自分の能力が合っていないという

悩みなどがあります。

 

ですが、このケースでは単なる「思い込み」である場合が

大半です。

 

そもそも薬剤師は難関と言われる国家試験を合格しており、

薬剤師として必要最低限の素質は備わっているのです。

 

一方で、今の職場では自分の能力を十分に発揮することができないと

考え、転職を考える薬剤師もいます。

 

新卒時に希望していた職業とは異なる職場に就職した薬剤師や、

高い志を持って職業を選んだ薬剤師によく見られる悩みです。

 

入社して数ヶ月で転職してしまう新人の薬剤師は珍しくありません。

 

 

辞める前に努力を

こんな職業に就きたい、こんな仕事をしたいという

明確な信念を持っているのであれば、

転職しない理由はないでしょう。

 

ですが、後先考えずに辞めてしまうと、その後

本当に自分がやりたいことができた時に、

そのチャンスすら逃してしまうことになるかもしれません。

 

いくら需要の高い薬剤師とはいっても、書類審査の時点で

あまりに職歴欄が長ければ雇う側も不安に思ってしまいます。

 

そうならない為にも、今いる職場で、不満点をどのように

解消していくか、ということを考えていかなければなりません。

 

特に長時間労働や給与に関する不満んちういては、

一度先輩や上司に相談してみた方がいいでしょう。

 

もし相談したことによって立場が悪くなったり、

人間関係が悪くなったりと

改善の余地がないということであれば、

それは転職に踏みきるきっかけともなるでしょう。



sponserdlink