sponserdlink

何故ドラッグストア業界は日本で急成長したのか?

 

ドラッグストア業界は、日本においては1970年代以降、

急成長を遂げた業界です。

 

薬局小売業として長い歴史を誇る薬局業界に対して、

ドラッグストア業界の歴史は50年ほどしかありません。

 

アメリカのドラッグストアを真似て日本に生まれ、

今では6兆円の市場規模にまで成長してきました。

 

高度経済成長時代、

大量生産&大量消費をよしとした日本人にとって、

ワントップで多くの商品が手に入るドラッグストアは

とても頼もしい存在だったのです。

 

その後バブルが弾け不況になり、大半の業界が

衰退する中にあっても、

ドラッグストア業界は成長し続けていましたのは

どうしてなのでしょうか?

 

日本でドラッグストア業界が急成長した理由

 

この理由については以下の3点が考えられます。

 

 

①デフレで古くから続く小売業が衰退し、売上を奪った

 

ドラッグストアが成長した理由の一つとして、

他業種から売上を奪ったということが挙げられます。

 

デフレで商品が売れなくなると、

町の商店街にある小売業は閉店に追い込まれ、

家族経営等の小規模な小売店は衰退していきました。

 

 

一方で、その需要を獲得し、

成長してきた業態の一つがドラッグストアです。

 

 

②健康・美容関連の関心の高まり

 

健康体でいたい、美しくなりたいという欲求は

人間が誰しも持つ根源的なものです。

 

高齢化も追い風となって、

健康に関心を持つ人口が増加。

 

サプリメント等、ヘルスケアを専門とした

ドラッグストアの需要は高まる一方です。

 

 

③医薬分業の整備

 

国の後押しのもと、急激に整備されたた「医薬分業は」

ドラッグストアにとっては大きな影響を与えました。

 

少子高齢化の進行や、医療と疾病の多様化、

国民医療費の大幅な上昇等を背景に、

院外処方せんに目を付けたドラッグストアは、

調剤併設店の店舗を大規模にチェーン展開し、

売上を爆発的に伸ばしました。



sponserdlink