sponserdlink

期限切れの処方せんと薬剤師

 

処方せんの「有効期限」について

処方せんには有効期限が存在し、病院で発行されてから

期限内に薬局に持ち込む必要があります。

 

処方せんの有効期限は発行日を含め4日間で、

有効期限の過ぎた処方せんは調剤薬局では受け付けられません。

 

改めて薬がほしい際には再受診するか、

もしくは処方せんの再発行をしてもらわなければなりません。

 

再発行は健康保険適用外となり、費用は全額自己負担となります。

 

処方せんの期限となる4日間の内に

薬を受け取ることができないようであれば、

診察の時点で予め医師に相談しておきましょう。

 

症状や診断内容にもよりますが、延長可能な場合には

延長して貰えるケースもあります。

 

病状は時間の経過に伴い変化していく為、

病状が変化する可能性がある場合延長は認められませんが、

ある程度予測の範囲内であれば延長することができます。

 

処方せんの期限切れを予防

処方せんの期限が切れてしまう原因として、

処方せんを調剤薬局に持ち込んだ後、薬を貰うまでの待ち時間で

予定が押してしまい、薬を受け取れないというケースもあります。

 

 

そこで、処方せんを予めFAXで送るという手段が

推奨されています。

 

病院あるいは自宅から調剤薬局に予め処方せんをFAXしておくことで、

あとは調剤薬局に行けば簡単なチェックを済ませるだけですから、

到着後スムーズに薬を受け取ることができるようになります。

 

ただし、すべての調剤薬局で実施しているわけではない為、

予め確認しておきましょう。

 

FAXを送信した後、電話して確認をしておけばより確実です。



sponserdlink