sponserdlink

未経験、40代薬剤師の転職を考える

 

40代で未経験の薬剤師の転職を考えると、

転職が容易な薬剤師の業界にあっても、

残念ながらそう簡単なことではありません。

 

ですが、転職に成功する可能性を上げる為に、

ポイントさえ押さえておけば、

決して不可能なことではありません。

 

男性薬剤師 薬局

 

40代未経験薬剤師の転職は難しい?

40代未経験の薬剤師が転職を考える場合、

まず、

病院や企業へ転職することはかなりこんなんです。

 

新卒でも近年は就職が難しくなってきており、

未経験で40代ともなると、

採用側からしてみれば大きな不安要素となってしまいます。

 

企業と病院を比べた場合、

企業よりは病院の方が転職できる可能性は高くなります。

 

急性期病院への転職は難しいものがありますが、

療養型病院であれば、

未経験の40代でもそこまで不利にはなりません。

 

企業では転職の際に年齢制限が設定されていたり、

同職業での経験・実績を求められるなど、

そもそも応募できないケースも少なくありません。

 

とはいえ、CRAやMRについては、

経験ありと言うことで応募が可能なケースもあります。

 

こういった職業については、中途採用者の場合でも、

しっかりとした研修制度が用意されていることもあります。

 

 

 

40代未経験の薬剤師の転職で成功できる可能性が高い職業!

どの年代でもおすすめなのは、

薬剤師でしか就けない職業、

つまり、「調剤薬局」と「ドラッグストア」です。

 

調剤薬局の転職

調剤薬局では、狭い職場内の環境や、

見た目は毎日同じ仕事の繰り返しをしていることから、

負担が軽い仕事というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、大手の調剤薬局のチェーン店については、

これは当てはまりません。

 

どんどん新しい医薬品が増え、

覚えなければならないことが多く、

業務時間外の勉強も必要です。

 

また、最近では、機械を用いて、

薬歴の記入や処方箋の詰め合わせを行っていることから、

機械の操作が難しいと感じた場合、

ストレスとなることもあるでしょう。

 

 

調剤薬局の中でも、比較的負担が軽いのは、

中規模病院やクリニックの門前薬局が良いでしょう。

 

このような調剤薬局では取り扱う調剤の種類も少なく、

勉強の負担も減ります。

 

ドラッグストアの転職

ドラッグストアの多くは、

営業時間が長く、休みも少ない為、

肉体労働的な色の強い仕事です。

 

また、OTCの取り扱いや、

商品の棚卸し、レジ打ちといった雑仕事が多いのも特徴です。

 

調剤薬局やドラッグストアの転職については、

人手不足という現状もあり、

内定をもらえる可能性も高いでしょう。



sponserdlink