sponserdlink

残業月10時間以下の薬剤師求人

 

薬剤師求人で残業月10時間以下を目指すということ

 

薬剤師求人で残業月10時間以下と聞くと、かなりハードルが高いように思えるのではないでしょうか。

 

仕事そのものが溜まっていたり、業務が繁忙期になるタイミングなどといった要因も関わってきますが、実は「気持ちの問題」が大きな原因となっている場合があります。

 

特に起業やドラッグストア等では薬剤師の人員も不足しており、薬剤師資格を必要とする業務をこなせる人が自分以外におらず、「自分がやらなければいけない」といったプレッシャーから自ら仕事を抱え込んでしまいます。

 

これは日本人特有の性質で、真面目すぎるが為に、ただ仕事を終らせるだけなら時間内に終わるところを質に拘り、また「残業をしないように仕事を減らそう」と考える人は非常に少ないのです。

 

残業をせずに仕事をこなす為には、今すぐやる必要のない仕事を割り切って切り捨ててしまうように考え方を変えなければなりません。

 

 

残業月10時間以下の薬剤師求人・転職先を探すポイント!

 

残業月10時間以下の薬剤師求人を探す場合、仕事を分担することのできる「薬剤師がどれだけ在籍しているのか」、ということは目安となるでしょう。

 

調剤薬局やドラッグストアでは特に、仕事量に対して薬剤師数が不足しているというケースは少なくありません。

 

業種別にまた残業月10時間以下の仕事を見ると、病院が最も高く、総合病院等であれば当直などで残業が発生することもありますが、小さな病院などでは窓口業務のみ行い診療時間が終了すると同時に仕事も終わるという職場も珍しくありません。

 

とはいえ半数以上の職場は残業月10時間以上となっており、病院勤務の薬剤師であっても基本的にはある程度の残業を覚悟しなければなりません。



sponserdlink