sponserdlink

漢方薬局で働く薬剤師のメリット

 

漢方薬の知識や取り扱いのスキルを学ぶ事が可能

一般の調剤薬局で働いていては、漢方薬に触れる機会は

とても限られています。

 

漢方薬局で働くことの1番のメリットは、

実際に漢方薬での治療を学ぶことができることにあります。

 

漢方薬への専門的な知識を得ることが可能です。

 

また一般の薬局では経験できない漢方薬の

取り扱い方の技術を身に着けることもできます。

 

将来的に独立希望の薬剤師は、専門性が強みとなる

漢方薬局でスキルを向上し漢方のエキスパートとなった薬剤師は、

転職や独立の際その専門性がとても強みとないます。

 

実際に病院でも漢方薬を使用される事が増えてきています。

 

将来的に独立し、

自分の薬局を経営していきたいと考えているならば、

漢方薬に詳しくなっておいて損はありません。

 

漢方薬局で働く薬剤師のメリット

 

専門薬剤師になるために必要な事とは

専門薬剤師になるためには、

まず認定薬剤師になる必要があります。

 

認定薬剤師になるために一定期間の薬剤師歴や必要研修の受講、

専門的な活動年数や一定以上の症例に関わる必要もあります。

 

更に学会での発表、学術論文などの発表の

条件を満たした上で

認定試験に受からなければなれません。

 

専門薬剤師を目指すならば、町などの調剤薬局、

ドラッグストアではなく総合病院などに勤める事が望ましいです。

 

皆さんが取得を目指す資格に合わせ、

総合病院は症例が集めやすい環境であるからです。

 

専門薬剤師は高度な知識で患者の治療環境を充実させて、

心から安心を与える重要な役割を担っているのです。



sponserdlink