sponserdlink

「産休・育休取得実績あり」という言葉は女性の多い職場ではよく聞かれる求人の条件です。

 

少子化対策が求められる現代日本において、妊娠・出産育児に関わる法律や保障が整備された就職先というのはそれだけで注目を浴びます。

 

2010年以降は育児介護休業法が改正され男性も育児休暇を取得することができるようになってはいるものの、実績がなければやはり不安なものです。

 

産休育休取得実績ありの薬剤師の求人

 

「産休・育休取得実績あり」の薬剤師求人のメリット

 

そもそも、産休育休についてそれぞれ基本的なポイントをみておきましょう。

 

よく同じような扱いをされがちな産休と育休ですが、取得条件は異なります。

 

生後8週間までの産休は誰でも取得が可能となっていますが、育休については取得の際に一定の条件が課せられます。

 

育休は申請することで生後1年までの取得が認められていますが、以下3つの条件を満たしている必要があります。

 

  • 1年以上間を置かずに雇用されている
  • 子どもが1歳の到達してからも引き続き雇用されることが見込まれる
  • 育休修了後、最低1年間勤務することが見込まれる

 

転職後1年経たずに育児休暇を取得することはできず、また契約社員などで育休修了後半年で契約の更新が行われないことがわかっている場合などにも育休を取得することはできません。

 

加えて、どんなに法整備が行われても実際の現場で薬剤師が産休育休を取得することができるかは別の話です。

 

薬剤師側の権利を事業者側が拒否することはできませんが、取得しにくい雰囲気の職場も少なくありません。

 

 

産休育休取得実績ありの薬剤師求人なら「公務員」がオススメ!

 

国立病院や都道府県市区町村の保健所等では定められた期間より更に長く産休育休を取得することができる職場もあり、休暇中でも収入が得られる制度や、手当が出る場合もあります。

 

国立病院等では最長3年間の育児休暇を取得することができるケースも存在します。

 

また大手企業の場合も産休育休だけではなく他の労働者に与えられた権利・制度も利用しやすく、安心して働くことができます。



sponserdlink