sponserdlink

 

産婦人科の薬剤師の仕事内容と注意点

産婦人科で働く病院薬剤師

産婦人科で病院薬剤師として働くことを考えた時、

当然、産婦人科ならではの様々な仕事が存在します。

 

患者さんが妊婦さん或いは授乳中の場合、

処方される薬が適切、有効、安全であるかをチェックすると共に、

これを患者さんに伝える役目は欠かせません。

 

子供の身体にも薬の影響が及ぶことから、

妊婦さんや授乳中の患者さんにとっては

風邪薬ひとつ服用するにしても敏感になってしまうものです。

 

子供を持つ母親としてはごく自然なことです。

 

このような不安を抱える中で、薬の副作用や安全性に関して

丁寧にアドバイスしてくれる薬剤師がいれば、

患者さんも安心して薬を服用することができるのです。

 

育児中は疲労による風邪等の身体的な症状は勿論の事、

精神的にも多くのストレスが生じます。

 

患者さんのメンタル面のケアも

薬剤師にとって重要な仕事の一つなのです。

 

また産婦人科では不妊治療を受けている患者さんも多く、

決して楽な治療ではありません。

 

苦痛が伴う治療もあり、

治療には時間がかかる場合がほとんどです。

 

ホルモン剤や痛み止めの薬を処方するだけではなく、

患者さんのメンタル面も支えてあげることが大切なのです。

 

産婦人科で病院薬剤師として働く際の注意点

薬剤師に限ったことではありませんが、

医師や看護師など医療従事者不足が叫ばれている現代において

産婦人科で病院薬剤師として働くということは、

残業や当直は避けて通れず、

また仕事内容も激務であるということを覚悟しておかなければなりません。

 

加えて、産婦人科は特に女性スタッフの比率が高い職場ですから、

女性ばかりの職場にありがちな「人間関係」の問題も

少なからず生じることでしょう。

 

医師や看護師といった他の医療従事者とも連携し、

不妊治療であれば1人の患者さんと長く関係を持つなど、

コミュニケーション能力は欠かせません。

 



sponserdlink