sponserdlink

薬剤師は女性が多い職業で、男女の比率は3:7と言われています。言わば”女社会”の薬剤師業界で、男性の薬剤師はどのような事を考えなければならないのでしょうか?

 

薬剤師 パート 病院 給料

 

薬剤師の仕事の充実

男性の場合、将来を考えてキャリアを積んでいきたい、いいステータスを持ちたいという野心はありながらも、どのような職業を選べばそれが成るのかわからないという方が多いです。ここでは将来的な目標を達成しやすい職業の一例を紹介します。

たとえば医療人として専門性の高い知識やスキルを学んでいきたいと言うことであれば、オススメは病院薬剤師です。患者さんと直にふれあい、また医師や看護師等といった他の医療従事者と一緒にチームとしてのスキルを磨ける環境です。力仕事を任せられやすい男性薬剤師は、女性薬剤師よりも身体を動かす機会が増えます。暴れてしまうような患者さんもいる事から、夜勤で1人だけ必要というタイミングでも、シフトを任されやすい傾向にあります。また、将来的に独立を目指すのであれば、調剤薬局の薬剤師が適しているでしょう。堅実にスキルアップしていきたいという事であれば、大手の薬局チェーン店がピッタリでしょうが、より独立に積極的になるのであれば、中小の調剤薬局であれば、お店全体の動きを把握しやすく、店長等の役職にも就きやすい為、経営者目線の勉強もできます。組織の一員として成長していきたいという方であれば、製薬企業が選択肢にあがります。単に製薬企業といっても、一般的な研究職・開発職といった創薬関係の仕事の他、MRやCRA、品質保証・品質管理といった様々な仕事があります。ですから、自分がどのように学んでいきたいのかという事を見定めなければなりません。人脈を開拓していきたいという事であればMRやCRAが最も適していますが、より特化した専門家になりたいのなら、研究職・開発職を目指すべきでしょう。企業で取り扱う多くの薬を尻、製版・原料関係で業界のネットワークを持ちたいという事であれば、品質保証・品質管理が適しています。

 

アフター5を充実させる為には

男性薬剤師だからといって、必ずしも仕事を充実させたいという目標ばかりではありません。アフター5の充実も立派な目標の一つです。この考えでいくと、残業がハードで当直もある病院薬剤師の仕事は適していません。製薬企業に関しても、休日出勤や出張などもあり、特にMR・CRAは出張は避けては通れません。休日出勤のない職業で言えば、調剤薬局、又はドラッグストアが一般的です。ドラッグストアの場合は土日祝日も営業はしていますが、必ずしも薬剤師が土日出勤する必要はありません。

当たり前ですが、転職は自分が目指す薬剤師像を達成する為の大きなターニングポイントとなります。転職で成功する為にも、まずは薬剤師転職サイトに登録する事をおすすめします。



sponserdlink