sponserdlink

病院専任薬剤師の業務内容とメリット

 

幅広い業務に携わる事が出来る

病院専任薬剤師は、調剤業務、服薬指導などの

一般の調剤薬局と同じ業務も行います。

 

しかし近年特に重要と増されている入院患者や

身近に接する病棟業務など、

更にがん患者などへの注射調剤や注射剤投与など

医薬情報管理を薬局などより

大規模に行うDI業務などもあります。

 

チーム医療を実践する事が可能

病院には、医師、看護師、理学療法士、管理栄養士、

作業療法士などの

様々な専門性のある資格を持った職員が仕事をしています。

 

専門職が相互に作用し協力して進める

チーム医療を経験できることは、

病院薬剤師ならではの最大のメリットです。

 

研究活動に携わる

病院では治験、学術研究など実施されています。

 

薬剤師にも参加が求められており、

研究経験を積むチャンスとなります。

 

勉強会、研修の機会が沢山ある

薬局で働いていても

勉強会、研修を実施する機会はありますが、

病院では多くの教育制度が提供されております。

 

最新の医療情報を習得して

自身のスキルアップの機会となります。

 

年収が着実にアップ!

病院では、年収が勤続年数と共に

増える場合がほとんどです。

 

着実に給与が増加していく事も

病院勤務のメリットと言えます。

 

病棟薬剤師と病棟専任薬剤師の業務内容

 

病棟専任薬剤師の業務内容

2012年の診療報酬改定によって、

週20時間以上の病棟薬剤業務を行う薬剤師が

常駐する医療機関には、

「病棟薬剤業務実施加算」を行えることに決定しました。

 

この病棟薬剤業務には入院患者に対する

服薬指導などは含まれません。
よって純粋に病棟に常駐する薬剤師がいる事自体が

認定の基準となっています。

 

多くの医療現場では、「病棟薬剤業務実施加算」を

申請するために、

病棟施設に専属の薬剤師を配置するようになりました。

 

チーム医療を円滑に進めていくために

薬剤師を病棟に常駐させておく必要性も

もちろん理由の一つですが、

2012年度診療報酬改定が

大きな推進力になったのは事実です。

 

病棟での薬剤師の役割

医師、看護師など他の医療従事者と薬剤師によって

事前に作られた薬物療法計画書を基盤として、

病棟専任薬剤師は医薬品の種類、投与量や

投与方法に関して変更や提案を積極的に行い、

検査のオーダーなどが仕事として求められています。

 

また、薬物治療を行っている患者に対し、

医薬品の情報提供や服薬指導業務を実施すること、

個々の患者の様子や検査数値から

副作用の状況を判断する事も

病棟専任薬剤師の業務の一つです。

 

それに加え、抗ガン剤など、注射薬を調剤したり

入院点滴業務や薬剤管理指導記録の作成と

薬物療法を行っている患者の状況や情報を

担当医、看護師など共有する事も求められています。

 

病棟で働く医療スタッフがそれぞれの専門的な立場から

薬剤関連業務を行う事もあり、

その場合は病棟専任薬剤師は、

スタッフに対し必要な医薬品の安全性の情報提供、

安全管理の指導や教育を行う立場となります。



sponserdlink