sponserdlink

医師病院薬剤師は、

「指示する側」と「指示待ち側」というイメージが

強くありますが、医薬分業が進む中、

このような考え方が徐々に変わってきています。

 

ですが、実際の現場では、薬剤師の地位、立場や

その考え方はどのように浸透していっているのでしょうか。

 

薬剤師 パート 時給

 

病院薬剤師と医師、医薬分業の考え方について

医薬分業の考え方が広まっていく中で、

薬剤師は医師の担当している薬剤分野を肩代わりする訳ではなく、

薬剤のプロフェッショナルとして

医師の隣で活躍する存在になりつつあります。

 

それぞれの作業の分担を明確化することで、

処方におけるチェックを補強し、

医療過誤を起こすリスクを軽減しようというのが

医薬分業の考え方です。

 

病院薬剤師と医師の役割

考え方としては、薬剤師の立場は

以前と比べて遥かに向上したと断言していいでしょう。

 

ですが、病院内におけるチーム医療にあっては、

やはり医師がチームのリーダーであり、

治療意向の決定権があるという考え方が根付いています。

 

医師が医薬分業のあり方を理解していなければ、

薬剤師の立場が軽んじられているのではないかと

感じることも少なくないかもしれません。

 

ですが、薬剤師は医師の処方する薬の種類や用量、

効能や副作用といった点において疑問を感じた場合には、

薬剤のプロフェッショナルとしての

薬剤師の意見を医師に伝える必要性があります。

 

これは薬剤師として非常に重要性の高い役割で、

医療過誤の未然防止につながるのです。

 

病院薬剤師と医師の給与格差

厚労省のリサーチによると、

薬剤師の平均年収はおおよそ500万円、

医師の平均年収はおおよそ1,200万円とされています。

 

このような給与面の格差も、

薬剤師よりも医師の方が立場が上であるという考え方の

一因となっているのでしょう。

 

ですが、医療過誤が起こってからでは手遅れですから、

薬剤師として如何に自分の役割を的確にこなすことができるか?

ということこそが、

病院薬剤師としての役目を担う上で大切なことなのです。

 



sponserdlink