sponserdlink

病院薬剤師の労働時間・勤務時間

 

病院勤務薬剤師の勤務時間

病院勤務薬剤師の勤務時間については仕事内容や

勤め先によっても異なりますが、8時間勤務が一般的です。

 

ただし、入院施設のある病院の場合は夜勤もあり、

勤め先によっては土日出勤もあります。

 

急患など、休み返上で出勤したり、

勤務時間後に残って仕事をしなければならなくなるなど、

人の命を扱う仕事をしている性質上、

毎日の勤務時間を確実に8時間に留めることは難しいでしょう。

 

また、病院に限ったことではありませんが、

薬剤師の業務は立ち仕事が中心となり、

座って作業することは滅多にありません。

 

企画やエリアマネジャーなど、窓口に立つことがなければ

座り仕事も多くなりますが、

病院の勤務時間内では座ることは殆どありません。

 

子供がいるなど、ある程度家にいなければならない場合には、

大きな負担となります。

 

ただし、保育施設のある病院も多いですから、

勤務中職場の保育施設に預けることができるのであれば

送迎なども気にする必要はありませんから、

保育施設を考慮した職場選びも考慮しましょう。

 

病院勤務薬剤師で勤務時間を短くする方法は?

病院勤務薬剤師の場合、勤務形態を変えるのも一つの方法です。

 

正社員として勤務する以上、1日8時間の勤務時間は当たり前で、

状況に応じて、それ以上働かなければならないこともあります。

 

家庭やプライベートの時間を充実させたいということであれば、

派遣社員やパートとして働く方が良い場合もあります。

 

8時間労働が原則の病院勤務であっても、研修や勉強会、

休日出勤などで自分の時間が減ってしまうことも少なくないでしょう。

 

家庭やプライベートの時間を確保したいということであれば、

勤務時間に変動のない派遣や、パートという選択肢も視野に入れましょう。



sponserdlink