sponserdlink

 

病院の薬剤師は患者さんの最も側で治療を行うことから医療人としてのやりがいもあり薬剤師にとっては人気の高い職業です。

 

一方でその責任も重く、大病院ともなると勉強会に参加したり研究を行うことでプライベートの時間を持てなくなってしまいがちです。

 

今回は、そんな病院薬剤師からドラッグストアに転職するメリットとデメリットを考えていきましょう。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e7%b5%a6%e6%96%99-%e5%ae%89%e3%81%84

 

 

病院薬剤師とドラッグストアのメリット・デメリット

 

病院では直接患者さんの治療の経過を見守ることができ、患者さんと直接話をすることができるというのは大きな利点です。

 

ですが、入院患者さんや外来の患者さんとのコミュニケーションが求められるということは、大きなストレスとなる場合があります。

 

実際に治療の経過を見守れる、直接患者さんとお話ができるというメリットがあるものの、それは同時に入院や外来の患者さんとコミュニケーションをとることが求められます。

 

また給料の水準が低いわりには夜勤や残業によって自分の時間が余り持てないということもあります。

 

一方、ドラッグストアの薬剤師の求人はパートタイムの募集も多く、プライベートの時間を重視したい方や、女性の場合結婚や出産を経て仕事に復帰したい場合にも良好な職場環境は魅力的です。

 

また髪型や髪色、ネイルといった身だしなみに関して自由な場合がほとんどで、年功序列もなく、若い内から店長になることも不可能ではありません。

 

病院薬剤師からドラッグストアに転職する

 

病院からドラッグストアに転職した場合、医療の仕事とは無縁のレジ操作や商品の品出しといった様々な業務内容があり、今までしてきたこととは全く異なる仕事にストレスを感じるかもしれません。

 

またドラッグストアではシフト制で早番や遅番が存在し、就業時間が不規則になるという点にも注意が必要です。

 

病院からドラッグストアに転職する場合、メリットよりもデメリットの方を大きく感じる場合もあるでしょう。

 

今自分が最も求めているのは何か、天秤にかけてよく考えてみましょう。

 



sponserdlink