sponserdlink

病院薬剤師と看護師

 

薬局 管理薬剤師 男性薬剤師

 

病院薬剤師と看護師の関係

病院で薬剤師と看護師が顔を合わせるのは、

以前はたまたま廊下で会ったり、

医療従事者の集まる会議で会うくらいでした。

 

ですが、チーム医療という考え方が浸透していく中で、

薬剤師が直接患者さんに関わり、

薬剤管理指導を行うようになってから、

医療の現場において、薬剤師と看護師が顔を合わせる機会も増えてきました。

 

同じ職場を共有するようになり、

コミュニケーションを取る機会が増えたことから、

連携をより密接に取ることが可能となったのです。

 

仕事と人間関係の問題

看護師はチーム医療にあって、

全体を包括的に管理する役割を持っており、

薬剤師の薬の処方についても、

第三者的立場からリスクマネジメントをします。

 

また、看護師は薬剤師と医師の関係を繋ぐ、

橋渡し的な存在でもあります。

 

仕事の上では勿論のこと、

人間関係という面で考えてみても、

薬剤師と看護師が良好な関係にあるということは、

効率的にチーム医療を行う為にとても大切なことなのです。

 

ただし、看護師の多くは女性である為、

女性が多い職場特有の、

人間関係のトラブルも少なくありません。

 

業務内容においては、例えば、

本来は薬剤師が行う仕事を、内容が簡易であることから、

看護師が行っているというケースもあります。

 

このような場合、薬剤師がこれを当たり前のように、

看護師が忙しい状況でもフォローしないといった姿勢でいると、

看護師から不満の声が上がることもあります。

 

病院薬剤師と看護師の良好な関係を築く為に

 

病院で働く薬剤師として、

看護師と良好な関係を築いていく為にも、

人間関係は特に注意を払うことが大切です。

 

このことから、コミュニケーション能力が高い人ほど、

病院薬剤師に適正があるということが言えます。

 

ですが、

「病院薬剤師になりたいけど、コミュニケーションを取るのは苦手・・・」

というような場合には、どうすれば良いのでしょうか?

 

これには、自分の持つ役割を積極的にアピールすることが大切です。

 

自分のしていること、できることをアピールすることで、

お互いの立場が透明化し、

頼りになる分野がはっきりします。

 

 



sponserdlink