sponserdlink

小児科で働く病院薬剤師の仕事と注意点

 

小児科で働く病院薬剤師の仕事と注意点

病院の小児科で薬剤師が行う仕事の中では、

「調剤」が最も基本的かつ重要な業務となります。

 

小児科では子供専用の薬を使う機会が多く、

成人用と同じ名称の薬でも

小児用と成人用で区別されている場合が一般的です。

 

体重が軽いほど薬の効果は大きくなりますから、

調剤料の調整は非常に重要です。

 

子供の患者さんの体重を予め把握し、

正しい容量に換算して調剤を行わなければなりません。

 

またドライシロップやシロップ製剤を取り扱う機会が多い為、

これに応じた調剤方法及び保管方法等の管理方法に対する

理解が求められます。

 

そして、最も重要と言って過言ではない仕事として、

調剤した薬の飲み方や副作用情報等も含めた注意点等を

保護者や患者さんである子供に説明する「服薬指導」があります。

 

保護者の方にとって子供の病気や怪我は

自分の事以上に不安を感じてしまうこともあるもので、

確認の為に同じ質問を繰り返し言ってくることも多くなります。

 

成人した患者さんと比べるてもより豊富な知識が求められ、

また時間がかかることも多くなるでしょう。

 

「小児薬物療法認定薬剤師」とは?

小児科で病院薬剤師として働くことを考えた時、

「小児薬物療法認定薬剤師」は多くの場面で役立つことでしょう。

 

専門薬剤師認定制度の一つで、

子供向けの薬物治療においてより専門的な知識、能力、適正を

兼ね備えた薬剤師であることを認定する制度です。

 

小児科において医療チームの一翼を担う存在として活躍し、

患者さんだけではなく保護者の方に対しても

適切な服薬指導を行うことができるという”証明”になります。



sponserdlink