sponserdlink

皮膚科の門前薬局で働く薬剤師

 

皮膚科の門前薬局で働く薬剤師に要求される技術

 

皮膚科の門前薬局で薬剤師として働く場合、特に調剤の技術が要求されます。

 

皮膚科の門前薬局は他の門前薬局と比べて飲み薬よりも多くの塗り薬を取り扱い、軟膏の調剤が主な業務となります。

 

また、漢方薬を始めとする様々な飲み薬も取り扱い、豊富な医薬品をすべて把握しておかなければなりません。

 

とはいえ近年は多くの調剤が機械によって自動調合が行われていることから、機械化の進んだ調剤薬局を選択することでこれらの問題は解消されるでしょう。

 

ただし、昔ながらの人の手による調合が主となっている調剤薬局においては薬剤師が自分で作業しなければなりませんから、その分調剤に時間がかかり、自動化の進んだ店舗よりも残業につながる可能性が高いと言えるでしょう。

 

ちゃんとした研修制度のある店舗であれば特に問題はないでしょうが、OJT要素の強い職場の場合は特に、未経験のうちは時間がかかってしまい患者さんを待たせてしまうような場面も出てくるかもしれません。

 

 

皮膚科の門前薬局で働く薬剤師に求められる知識

 

皮膚科の専門領域は広く、水虫や発疹からあまり見ないような病気や治療法が確立されていないような難病も多く取り扱います。

 

服薬指導に際してもあまり耳にしないような症状・病名等を言われ戸惑ってしまうこともありますから、幅広い病名に熟知しなければなりません。

 

また内科系の薬も多く取り扱い、皮膚だけの薬を取り扱うわけではありません。

 

美容皮膚科などではレーザー脱毛・シミ取りなどに関わる薬を取り扱うという場面もあるでしょう。



sponserdlink