sponserdlink

眼科の門前薬局で働く薬剤師

 

眼科の門前薬局で働く薬剤師

 

眼科の門前薬局で働く場合、高齢者の患者だけではなく、近年では若い患者も増加傾向にあります。

 

コンタクトレンズ処方を行っている病院も増え、コンタクトレンズの用法を守らなかった為にトラブルに見舞われたという患者も多く訪れるようになりました。

 

とはいえ、やはり高齢者の患者が多いということには変わりありません。

 

眼科の門前薬局では服薬指導を簡潔かつ明確に行うことが大切です。

 

最も多いのは白内障の治療で、眼科は常に混み合っている状況で、何度も薬局を訪れて処方された薬を使い慣れているという方も多いです。

 

 

眼科の門前薬局では服薬指導が重要!

 

眼科の門前薬局の場合、服薬指導は非常に重要です。

 

眼軟膏を初めて処方された患者さんの場合、その使い方を不安に感じるかもしれませんし、きちんと使い方を説明し、目に入れても問題ないうことを理解して貰った上で、安心して使って貰えるように配慮しなければなりません。

 

コンタクトレンズ用の目薬は、コンタクトレンズを付けたまま使っても良いのか、外してから使わなければならないのかなど、薬によって使用方法が異なります。

 

また服薬だけではなく、薬の保管方法についても注意しなければなりません。

 

目薬では遮光保管・冷所保存が必要なものや、使用期限が定められているなど、患者さんが安全に薬を使用する為によく薬を理解してもらうことが大切なのです。

 

眼科の門前薬局で働くためには、様々な知識が必要なのです。



sponserdlink