sponserdlink

精神科の門前薬局で働く薬剤師

 

薬剤師が精神科の門前薬局で働く時に注意したいポイント!

 

薬剤師が精神科の門前薬局で働くにあたって、最も大切な仕事は「患者さんが勝手に薬を飲まないようにする」ことです。

 

勿論これはどの調剤薬局であっても大切なことですが、精神科では特に強い薬が多く、通常は薬を飲む量をある程度自分で制御できるのですが、気分が落ち込んでしまった患者さんが敢えて過剰に摂取してしまうといったケースが多い傾向にあり、特に注意しなければなりません。

 

その為、精神科の門前薬局における薬剤師の服薬指導では、患者さんの話によく耳を傾け、普段と違う態度など注意深く観察し、いつもより元気がない、注意力が散漫などといった様子が見られるようであれば、カウンセリングを行いましょう。

 

日頃から医師やカウンセラーと話をしており、それ以外の人と話したいと考えている患者さんも多いのです。

 

 

薬剤師が精神科の門前薬局で働く時の注意点

 

また患者さんの多くが様々な薬を併用しているということにも注意が必要で、幾つもの調剤薬局を渡り歩いているような患者さんの薬を把握する為には、お薬手帳を患者さんにきちんと提示して貰わなければなりません。

 

また、症状の安定している患者さんであれば一度にある程度の量を処方して渡してもよいでしょうが、精神状況の不安定な患者さんの場合には短い期間でしか処方されないというケースも多く、頻繁に調剤をお願いされることとなります。

 

これは患者さんと会話をする絶好の機会とも言えますが、何度も薬を調剤している内に、処方せんの管理が甘くなってしまう場合があるので注意が必要です。



sponserdlink