sponserdlink

糖尿病治療のチーム医療において薬剤師が果たす役割とは?

 

チーム医療」とは、医師、看護師だけでなく

薬剤師、理学療法士や管理栄養士など、

それぞれ専門的知識や技術を持つプロの医療スタッフが

個々の専門性を活かし、

一つのチームとなり互いに相互し患者さんに携わり

治療に当たるものです。

 

ですので様々な方面からの治療が必要となるような病気の治療には、

チーム医療が求めれれています。

 

その中で、糖尿病も

チーム医療での治療が有効とされる病気です。

 

その理由には、糖尿病患者の約90パーセントが

生活習慣が原因となる

[2型の糖尿病]であることが関係しています。

 

2型の糖尿病は、インスリンを自分で分泌する事ができるのに、

その分泌量が足りなかったり、分泌のタイミングが合わず、

働きが鈍ったりしている事が原因で

血糖値をうまくコントロールできない状態になります。

 

そのため、2型糖尿病は薬剤療法や

食事療法、運動療法をバランスよく行う必要があります。

 

薬剤師として地域医療のチーム医療として働くミッション

糖尿病は、外来で診察を受けて、

自己注射でインスリンを投与しながら

血糖値のコントロールを行っている

「在宅療養患者」が多い病気のひとつです。

 

そのため、糖尿病に詳しい専門知識のある薬剤師が

病棟に在籍しているだけでは足りません。

 

糖尿病予備軍や軽度の糖尿病を治療するためには、

薬剤師が地域医療で医師、看護師や栄養士などと共に、

情報提供を行いながら

治療に参加していく必要があります。

 

地域医療の中でその役割を果たす事ができるのが

調剤薬局勤務の薬剤師です。

 

近年はほとんどの患者さんが入院せず

自宅療養となるケースも増加し、

“GLP-1受容体作動薬”が開発された事により、

それまで注射剤を使用したことのない患者さんが調剤の場で

注射手技の説明を受けることも少なくないのです。

 

そして新しい治療薬である“インクレチン製剤”を

SU剤と併用することによって、

低血糖を起こす事例も頻繁に起こっている為、
これからは薬剤師の糖尿病に対する

高い知識も重視される時代になります。

 

糖尿病治療の薬剤師とチーム医療

 

薬剤師が人間関係に悩む原因解明!

 

女性が多い

あくまで一般論ですが、女性の多い職場は

人間関係の悩みやトラブルが発生しやすいと言われています。

 

薬剤師の男女比は3:7となっていて、

圧倒的に女性が多い職業です。

 

当然、薬剤師は人間関係のトラブルも

発生しやすい環境にあるのです。

 

長時間の閉鎖空間での仕事

調剤薬局などの場合、仕事を行う空間の狭さが

人間関係に影響しています。

 

調剤スペースはとても狭いので他のスタッフとの距離感も近く、

無意識のうちに人に対するストレスを

蓄積してしまっている事があります。

 

それが原因でイライラしやすくなったり、

人間関係にも悪影響が出てきます。

 

人として、生理的に苦手な同僚であったとしても

距離を置く事は難しく、

近くで仕事をしなければなりません。

 

調剤スペースだけに限らず、薬局自体が空間に

余裕がない場合が多いので、「逃げ場」がありません。

 

どこに行っても常時、

行動が監視されているような気持ちになる事もあります。



sponserdlink