sponserdlink

 

総合病院の門前薬局は薬剤師にとって人気の高い就職先の一つです。

 

総合病院の門前薬局で薬剤師として働くことを考えた時には、どのようなことに注意するべきなのでしょうか?

 

今回は総合病院の門前薬局についてその人気と注意点を見ていきましょう。

 

 

総合病院の門前薬局はやりがいのある仕事!

 

総合病院は規模も大きく最先端の設備や勤務時間の安定感が魅力ですが、最も魅力的な点はやはり薬剤師として大きくスキルアップできる職場だということでしょう。

 

多くの診療科目の処方せんが出されることから豊富な薬の知識が得られ、また勉強会も多く開催されており、研修制度の充実した調剤薬局が大半です。

 

また個人病院の門前薬局等についてはできるだけ少数の人員で回したいという経営側の意向を汲んで管理薬剤師1人で店舗を回さなければならないという場合も少なくありませんが、総合病院の門前薬局ではそうはいきません。

 

多くの薬剤師が常駐していることから、調剤薬局でありがちな人員不足や人間関係の悩みも少ない場合が多いです。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e5%ae%89%e5%ae%9a

 

 

総合病院の門前薬局で働くデメリット

 

総合病院の門前薬局ではスキルアップが望めるやりがいのある仕事ではありますが、裏を返せばスキルアップしていくことが恒常的に求められ期待される職場であるということが言えます。

 

自ら知識・技能を身につける為に意識的に動かなければなりません。

 

総合病院の門前薬局は大半の場合において業務自体が「激務」です。

 

1日200枚異常の処方せんの調剤を行っているような調剤薬局も珍しくありません。

 

調剤業務は神経を使う作業ですから、一つ一つ念入りにチェックを重ねなければ患者さんに害が及ぶ危険性もあり、患者さん相手の服薬指導にも気を払います。

 

体力的な疲労も勿論のこと、精神面的にも相当のストレスがかかってくることでしょう。

 



sponserdlink