sponserdlink

薬剤師が「正社員」として働くデメリット

薬剤師の正社員は、メリットばかりではありません。

 

当然、デメリットも存在します。

 

ここでは薬剤師にありがちな

デメリットについてご紹介させていただきます。

 

薬剤師が「正社員」として働くデメリットとは?

 

時給が安い

薬剤師のメリットとして、給料が安定しているということを

述べましたが、

時給換算してみると、正社員の時給があまり高くないということが

薬剤師の正社員のデメリットです。

 

時給換算した場合、派遣薬剤師の方が

遥かに優れています。

 

さらに、時給ベースでみた場合、

パートの薬剤師よりも低いことがあります。

 

管理薬剤師でも毎日出勤しているパート薬剤師より時給が低く、

ボーナスでやっと年収が上回る、

ということも珍しいことではありません。

 

厄介な雑務が多い

事業の中核として責任を持つ以上、

必然的に雑務が増えます。

 

パートや派遣の薬剤師に雑務を押し付けるわけにもいきません。

 

むしろ、パートや派遣の薬剤師は

勤務時間ピッタリで帰る場合がほとんどです。

 

残った薬歴の整理やシフト調整の他、

店内の掃除やゴミ出しなどの雑用は

正社員がローテーションで行う場合が多いです。

 

サービス残業が多い

新卒の薬剤師や転職組を含め、

薬剤師の正社員はサービス残業が当たり前のように

常態化してしまうケースが非常に多いです。

 

特に調剤薬局やドラッグストア、病院では

患者さんが帰るまで仕事をしなければなりません。

 

閉店後も薬歴管理やレセプト業務等の作業が

待ち受けています。

 

また一包化が溜まっている場合もあり、

このような業務を全て済ませなければ帰れません。



sponserdlink