sponserdlink

薬剤師が正社員として働くメリット

新卒の場合、ほとんど全員が「正社員」の薬剤師として

働きはじめます。

 

調剤薬局やドラッグストア、病院や企業等へ就職し、

それぞれの現場で

薬剤師としての専門性を発揮し活躍する為に学びます。

 

また、新卒だけではなく、

転職して正社員を目指すケースも非常に多いです。

 

ママ薬剤師が復職する場合でも、

パートではなく、正社員として就職するということは

決してレアなケースではないのです。

 

正職員として転職することを考えた時、

病院や調剤薬局等の条件や勤務形態をよく見定め、

あなたに適した求人を見付けることが大切です。

 

また、正社員として働く上での注意点を

押さえておくことも重要です。

 

薬剤師が「正社員」として働くメリットとは?

 

薬剤師が正社員として働くメリットとは?

薬剤師が正社員として働く場合、

どのようなメリットが存在するのでしょうか?

 

安定した収入が得られる

薬剤師が正社員として働く最大のメリットとも言えるのは、

やはり収入の安定性でしょう。

 

パートやアルバイトの場合、勤務日数によって給料は変動し、

派遣の場合は契約期間が定められています。

 

正社員であれば将来的な収入の予想が立てやすく、

人生プランを練りやすいことは正社員だけのメリットです。

 

事業の中核を担える

また、”やりがい”という点においても、

パート・アルバイトや派遣に比べて、

正社員の方が圧倒的に有利です。

 

単純に、正社員として

事業の中核を担える為です。

 

たとえば調剤薬局では、新卒入社で正社員として働きはじめ、

3年目に管理薬剤師になるということも当たり前のようにできます。

 

若くして店長(管理薬剤師)になることができるのです。

 

薬剤師が一人の店舗であれば、

経験があまりない場合でも

管理薬剤師として店舗の責任を任せてもらうことができます。



sponserdlink