sponserdlink

薬剤師の調剤拒否の正当な理由

 

法律で規定された薬剤師の「調剤拒否」について

薬剤師法第21条において、薬剤師は調剤の求めを受けた時、

正当な理由がなければこれを拒否することができないと

規定されています。

 

ここで言う「正当な理由」とは、以下のような例が存在します。

 

  • 薬剤師が不在の時
  • 薬剤師が調剤できないと認められる病気の時
  • 院内処方せんが調剤薬局にて受け取られた時
  • 天変地異により正常な状態で調剤を行えない時

 

「処方薬の在庫切れ」は正当な理由にならない

在庫がない為調剤を行えないという口実は

薬剤師法第21条に違反することとなります。

 

一般的には在庫切れが発覚した段階で

最寄りの店舗にヘルプをお願いすることとなりますが、

近くに他店舗の存在しない地方では難しいものがあります。

 

とはいえ、ある程度患者さんの固定される地方薬局では

どの医薬品がどの程度必要になるのかわかってくるものですから、

予め必要な薬を把握しておくことが大切です。

 

病院の場合では、必要に応じて対応してもらえる大手病院や

都会の病院を紹介する等の準備を整えておきましょう。

 

ただし例外として、患者さんの緊急度により

不足している在庫を取り寄せる為の時間がかかりすぎてしまう場合には、

即時調剤が行える他の薬局を責任を持って紹介することができます。

 

営業時間外の調剤拒否も「正当な理由」ではない

意外と知られていないことなのですが、営業時間外だからといって

調剤拒否をすることは許されていません。

 

店長等責任者が常に備え、緊急で薬を必要とする患者さんがいた場合、

すぐさま薬局を開ける義務があります。

 

特に地方の場合は、薬の処方を行える場所が一つしかない場合などでは

命に関わることもあり、調剤拒否をする正当な理由とはならないのです。

 



sponserdlink