sponserdlink

ストレスによる体調変化

薬剤師であれば、大きなストレスが

様々な体調の変化を引き起こすのはご存知のことでしょう。

 

強いストレスを受けている状態が長期化するとうつ病になります。

 

薬剤師がうつ病になる原因

 

身体が重くなる(動作が遅くなる)

うつ病では「やる気が出ない」「物事に集中できない」

といった症状が表れます。

 

やる気が起こらない為行動に移せず、

思考力が低下し、疲労が抜けなくなります。

 

結果として仕事の効率が落ちる等、時間を有効活用することができず、

また、仕事のミスも増加します。

 

睡眠障害

「夜眠れない」、「朝早く起きてしまう」等、

つまり、不眠症に陥ってしまいます。

 

また、きちんと睡眠時間を確保していても、

眠れていないように感じてしまうこともあります。

 

あるいは、眠りすぎてしまう、

常に眠いといった症状を引き起こす場合もあります。

 

自律神経の乱れ

ストレスにより交感神経や副交感神経のバランスが崩れると、

便秘や頭重、動悸や、めまい等の症状が表れます。

 

ストレスを受け続けると動くことすらままならなくなってきます。

 

薬剤師の「うつ病」の原因

そもそも薬剤師がうつ病を発症する原因はどこにあるのでしょうか?

 

どんなに医療や薬について多くを知っていたとしても、

ストレスを完全にシャットアウトすることはできません。

 

うつ病は誰にでも発症するリスクのある病気なのです。

 

薬剤師の転職理由

薬剤師の転職理由として最も上位に挙げられるのは

「人間関係」です。

 

 

特に新卒入社の薬剤師で早期退職・転職するケースでは

人間関係の問題が転職理由の大半を占めています。

 

それほど人間関係は重要な問題と成り得るのです。

 

 



sponserdlink