sponserdlink

小児科の門前薬局で働く薬剤師

 

小児科の門前薬局で働く薬剤師

薬剤師が小児科の門前薬局で働くにあたって、

仕事が激務であるということは知っておかなければなりません。

 

他の門前薬局と比べると、患者であるお子さんには

必ず保護者がついているという点です。

 

診断など病院でも待たされることが多く、

子供の具合がイライラしている保護者の方も多いことから、

小児科の門前薬局ではどんなに薬剤師が迅速に対応していても

「遅い」というクレームが入ってきます。

 

具合が悪く、泣き叫ぶ子供たちの声は薬剤師の集中力を削ぎ、

薬剤師側もイライラしてしまって保護者のクレームに

言い返してしまいたくなるようなこともあるでしょう。

 

ですが、これは絶対にあってはならないことです。

 

 

小児科の門前薬局で薬剤師が注意するポイント

大人の薬とは異なり、子供向けの薬というのは

調整にもチェックにも時間がかかります。

 

服用量は年齢ではなく体重によって決まり、

薬の種類は決まっていても、患者さんであるお子さんの体重を

再度チェックし、処方量が適切であることを確認しなければなりません。

 

また子供は経験や語彙力が大人ほどないことから、

自分の不調をちゃんと伝えることができません。

 

このような確認事項は必須ですが、子供の不調を心配する

保護者の方には、無駄に時間を使っているようにも見え、

急かされてしまうようなこともあるでしょうが、薬剤師は決して焦ってはいけません。

 

必要に応じて、今行っている事の重要性を

保護者に対して説明することも大切です。

 



sponserdlink