sponserdlink

整形外科の門前薬局で働く薬剤師

 

整形外科の門前薬局で薬剤師が働くメリット!

 

薬剤師として整形外科の門前薬局で働く場合、その服薬指導の内容は多岐にわたります。

 

整形外科を訪れる患者の主な受診理由としては、年齢や仕事による腰や背骨の痛みや、交通事故等外傷によるムチウチなどがあります。

 

年齢上の理由により訪れる患者の場合、併用薬には注意しなければなりません。

 

特に胃粘膜保護剤の重複にさまざまな副作用には要注意で、他の処方で同じ薬を貰っているにも関わらず渡してしまったり、また鎮痛剤と同時に処方されている場合もありますから、おくすり手帳を徹底するなどトラブルを未然に防ぐよう最新の注意を払う必要があります。

 

 

整形外科の門前薬局で取り扱いの多い関節リウマチについて

 

整形外科の門前薬局では「関節リウマチ」によく出会うことになります。

 

様々な薬を必要とし、関節に痛みが走ることからヒートからの取り出しが辛いということもあるようですが、恥ずかしくて言い出しにくいという患者さんも少なくありません。

 

今まで病院にあまりかかったことがないような患者さんの場合、一包化できるということを知らないケースも少なく無いため、このような方法があるということを伝えると良いでしょう。

 

 

鎮痛剤の服薬指導について

 

鎮痛剤を処方されても服用しないという患者も少なくありません。

 

鎮痛剤を服用しないほうが早く治ると考える患者さんが多いのですが、きちんと用法用量を守ることで薬物耐性が生じることはないということを伝えるようにしましょう。



sponserdlink