sponserdlink

目に見える態度と目に見えない心で傾聴の姿勢を示す

コミュニケーションの基本は、どのようなシーンであっても

信頼関係」にあります。

 

特に、疾患に関する内容はデリケートな内容で有るため、

患者は「話している事が理解されている」

「この薬剤師の話には耳を傾ける価値がある」と

患者に感じて貰わなければ心を開けません。

 

1番は患者の話をしっかり傾聴する事です。

 

薬剤師は全身で相手に向かう姿勢を取ることが大切です。

 

アイコンタクトを忘れず、上半身は

やや患者側に傾けるようにして話しを聞きます。

 

前のめりの姿勢は相手に熱心な態度が伝わります。

 

そして、患者さんが話し始めたら、

気になる点があったとしても話しを中断してはいけません。

 

特に、「でも」や「しかし」などの否定的な言葉で

区切らないように配慮し、

患者の話が終わるまで静かに傾聴する事が大切です。

 

薬剤師の患者さんとのコミュニケーション

 

疑義照会は薬剤師の責任!専門家としてのプライドを持つこと

疑義照会は患者の安全を守る大切な行為ですが、

多忙である医師の手を止めて確認すべき問題なのか

きちんと判断できる実力が必須です。

 

無駄な疑義照会を繰り返される事は、

医師には煩わしいだけであり、不快に感じる場合もあります。

 

しかし、高度な知識レベルによる適切な疑義照会であれば、

医師は感謝します。

 

薬の専門家である薬剤師が「何かおかしい」という気持ちで

疑義照会をする際には、

医師が多忙であっても怯まず確認することが重要です。

 

専門職としてのプライドをもち、医師から選ばれるような

薬剤師を目指すべきです。



sponserdlink