sponserdlink

薬剤師とジェネリック医薬品

 

薬剤師が知っておきたい「ジェネリック医薬品」

ジェネリック医薬品を説明するにあたって、まずは新薬の段階から

関わってくる”特許”についての説明は欠かせません。

 

新しい医薬品が市場に出た時、先発薬として20~25年間程度の内は

特許に守られ、その利益は独占状態となります。

 

ですが、新薬の特許期間が過ぎ、所謂「特許切れ」になると、

類似品、すなわち「ジェネリック医薬品」が世に出回ります。

 

薬に含まれている有効成分の名称等を指す際に用いられる一般名、

「generic name」で処方が行われることから

ジェネリック医薬品と呼ばれるようになりました。

 

以前は新薬の劣化版のようなイメージがもたれていた

ジェネリック医薬品ですが、今ではより効率よく安価で作られ、

新薬と同じ効能・効果で新薬よりも安く生産できることから、

医療コスト削減、そして患者さんの負担を軽減するという面で

注目を浴びています。

 

ジェネリック医薬品を売りたくない薬剤師事情

実際の現場では、ジェネリック医薬品は

取り扱いたくない、勧めたくないという薬剤師・薬局は

少なくありません。

 

ジェネリック医薬品の情報量は先発品とくらべても少なく、

副作用の情報が少なく、また情報を提供する

MR等の人も少ないというのが現実です。

 

加えて、利率が低いことから、突然生産中止となり

患者さんの混乱を招く可能性も高くなります。

 

販売単位も大きいことから、大きな薬局でなければ

在庫を抱え込んでしまうというリスクもあります。

 

ジェネリック医薬品と薬剤師の”未来”

ジェネリック医薬品は薬剤師にとって扱いづらいものではありますが、

ジェネリック医薬品の大きな役割、すなわち

「国民医療費の削減」は非常に重要なポイントとなります。

 

高齢化社会の進行しつつある日本では、

医療費の増大は避けて通れません。

 

欧米諸国と比較しても税金の低い日本では、

医療費の削減は国民の、ひいては薬剤師が担うべき

”責任”とも言えるでしょう。



sponserdlink